川 photo exhibition Report

2016.11.09 19:42 Wed

intro

 

関川徳之と申します。

 

11/3~6の4日間、SHREDにて「川」の写真展を開催させていただきました。

ご来場いただいた数多くの皆々様に心よりお礼申し上げます。

 

「川」は荒川晋作と関川徳之によるフォトグラファーユニットです。

今回はこのSHRED blogの場をお借りして、「川」が大阪で過ごした時間をレポートをさせて頂けることになりました。

 

「川」のふたりの視点で捉えた写真と言葉です。

 

1_dsc_2605_web

自分と同い年1983。進化を止めない上野伸平とSHRED。いつも背中を押してくれている。「川」の大阪カラーはSHREDオフィシャルカラーの黄×黒。(荒川)

 

dsc_2595_web

現在大阪在住のドラポンさんこと宮城豪さん。僕が沖縄に移住した18歳の頃、ちょうどスケートボードを撮り始めた頃に出会い、当時ふたりで撮影しまくっていた。この人との出会いから、たくさんの人に繋がっていった、スーパールーツの人。(荒川)

 

dsc_2612_web

「川」の展示内容は「川の本」での使用写真+御当地の写真。僕と関川のセレクトの視点もまた違っていて、敢えて統一はしていません。僕は可能な限り未露出のものを選びました。(荒川)

 

dsc_2617_web

中二のショウエイ。大阪の街は恐ろしいほど良いキャラで溢れまくっている。(荒川)

 

_dsc1209

NAGAN SERVER さんと荒川晋作。この時は初日の早い時間、初日は緊張で食欲があまりありませんでした笑 写真からも緊張が伝わってきますね。(関川)

 

dsc_2637_web

音の人たち。ロットングラフィティのナオキくんとNAGAN SERVER。「川」はスケートボードというジャンルを越えて老若男女たくさんの人に見てもらいたいと思っています。スケートボードに乗らない人が見ても気持ちの良い本にすることを心がけました。万人に受け入れられるということは難しいけれど、たくさんの人たちに、皆それぞれの見方で見てもらえれば。(荒川)

 

dsc_2648_web

いくつになってもスケートショップはワクワクします。(荒川)

 

dsc_2677_web

展示期間中、良い時間がたくさんありました。(荒川)

 

_dsc1219

夕方になっても緊張は取れませんでした、しかし久しぶりに会う人、初めての人とお話しして少しはほぐれてたかな。外の楽しい会話とガラスに映った写真がなんとも幸せな景色でした。(関川)

 

_dsc1223

川にも出ているHAL君、金沢の南大道くん。二人は同い年で現役真っ只中のスケーター。仲の良い二人はスポットの話しをしていました!(関川)

 

dsc_2691_web

現在は休刊中のSECRETCUT編集長、中村晋久氏。荒川・関川ともに憧れた師匠のような存在。いつか自分たちもスケートボードの本をつくりたいと思うきっかけになった人。ようやくひとつ見せられた。(荒川)

 

_dsc1231

TBPRの伸平さん、仕事が激務なのにも関わらず毎日来てくれました。赤ちゃんに写真を説明するも赤ちゃんには届かず笑 家族連れのお客さんが多くて会場の雰囲気が和やかでよかったな。(関川)

 

dsc_2721_web

写真を見ながら思うことはみんなそれぞれちがうと思います。実際に感想を聞いてみると、撮った本人が想像もしなかったことをイメージしてくれていたりするのが面白いです。正解みたいなものは特になかったりする。(荒川)

 

dsc_2750_web

kawa-ii(荒川)

 

_dsc1305

気づけば僕も27歳になってしまいました。大阪の若手たちの鋭い質問に刺激を受けました!

いつか一緒に作品を作ることがあるかも。楽しみです。(関川)

 

_dsc1310

その場にいたメンツで記念撮影!さすが大阪、みんな恥ずかしがらずにポーズが決まってます!

僕も撮られ慣れなければ。(関川)

 

_dsc1255

少し落ち着いた時は外で話したりコーヒーを飲んだり。これもまた楽しみの一つ。(関川)

 

dsc_2776_web

それぞれの寝不足を乗り越えて朝スケートにもいきました。(荒川)

 

dsc_2864_web

南大道、高山レオ、井本コウジ。普段なかなか集うことのないメンツ。

スケートショップはそういう交流のたくさん生まれる場所。(荒川)

 

dsc_2879_web

安定のコウちゃんと、今後が楽しみなコトラ。(荒川)

 

dsc_2894_web

たくさんのお褒めの言葉をくださった和田さんと彼女。

たくさんの人たちが楽しんでくれて、本当に嬉しかったです。(荒川)

 

dsc_2903_web

「川」の片割れ、関川。大阪に長期滞在するのは実は初だったらしく、緊張しつつも楽しんでいた。

すごくおっさんっぽい瞬間と、すごい幼い瞬間がある。人当たりが良い。(荒川)

 

dsc_2936_web

閉店後、深夜スタートで朝方まで続いたスケートセッション。自分もひさしぶりに滑りました。

印象深い、楽しい夜でした。(荒川)

 

dsc_3002_web

東京からの濃いキャラ。(荒川)

 

dsc_3014_web

上野くんのご両親。(荒川)

 

dsc_3019_web

SHREDの上のアパートに長らく住んでいる、これまただいぶ濃いキャラ。初めてゆっくり話した。(荒川)

 

_dsc1382

5日の夜はみんなでMARIMOくんと池野詩織さんの写真展「SPISY PROOF」へ行きました。いつもとは違うメンツで知らない街をプッシュする、ツアーの醍醐味。大阪らしい町並みと伸平さんの後ろ姿をパチリ。(関川)

 

dsc_3024_web

肩の脱臼治療中の上野くん。予定通りのカオスな夜でした。(荒川)

 

_dsc1443

同い年の写真家、MASA。重たいカメラバックを背負ってみんなとプッシュするのはカメラマンの使命。特に大都会での撮影は常にこれが基本形。オーリーなんかしても浮きません!この時は僕も同じ状態で疲れて最後尾になったけど優男のMASAが笑顔で待っててくれました。笑(関川)

 

_dsc1476

観光スポット道頓堀!と思いきやHAL君レールスポットを観光!どちらも生で見ると刺激的。(関川)

 

_dsc1521

大阪との公園と言えば三角公園、数々の伝説が生まれた場所ですね。大阪に来てここへ来ると必ずDALさんをお見かけします!今回も会えて上がりました!後ろは電話中のヒーシー。(関川)

 

dsc_3046_web

最終日。オープン早々から謎の撮影会。やはり笑いの街。(荒川)

 

dsc_3055_web

ケンジくんとデシの会話。穏やかな午後でした。(荒川)

 

_dsc1560

最終日は明るい時間にたくさんの方が来てくれました!4日間とも天気に恵まれSHRED前も終始賑わっておりました。最終日になるとホッとした気の緩みと終わってしまう寂しさとが入り混じった気持ちになります。(関川)

 

_dsc1554

川の開催中には偶然にも各地からたくさんのスケートチームが撮影に来ていました。

EAZY MISSクルーにもご来場いただきました。(関川)

 

dsc_3059_web

店長の嫁の姉妹。女の子たちもたくさん来てくれた。(荒川)

 

dsc_3062_web

店長 of SHRED、岡本元気。なんでも包み隠さず話してくれる大阪気質は一緒に居て気持ちが良い。たくさん勉強になりました。(荒川)

 

dsc_3081_web

「川の本」大阪会場販売分の最後の一冊を購入してくれたのはコウちゃん。発行部数は全部で300冊なので限りはありますが、今回手に入れられなかった人の手元にも今後出来るだけ届けられるようにしていきたいと思っています。(荒川)

 

_dsc1249

川 in SHRED OSAKA 最高でした。また必ず遊びにいきます。(関川)

 

dsc_3115_web

「川」が次に流れる先は仙台・BRIDGEです。(荒川)

 

 

 

outro

 

熊本・OLLIから始まった「川」の旅は今回の大阪でも様々な反応をいただき、とても刺激的な時間を過ごす事が出来ました。

展示・販売をスケートショップで出来る事は写真とスケートボードを好む僕らにとって、喜びと興奮、緊張感があります。

有難いことに、「川の本」の今回の展示会場販売分として準備した部数は全て完売。

SNS等の進化と普及に伴ってその流れの速さを加速する沢山の写真の中で埋れてしまわない様に、「川」はスケーターにダイレクトに伝えたいと心掛けています。

もちろん、スケートボードをしない人にも。

「川」は決して、荒川・関川というふたりだけのモノではありません。

消化しきれない、そんな言葉ではうまく言えないモノは川に流して循環してしまえば良い。

そんなスケートボード書物でありたいと、今回の大阪で確信しました。

大阪の皆様、本当にお世話になりました。

次の舞台はSHREDとも深く関わりのある、仙台・BRIDGEへと流れます。

これからも「川」をよろしくお願いいたします。

instagram:@kawa_img

facebook:川 img / @kawa8img

 

 

 

SHRED / シュレッド
〒532-0004 大阪市淀川区西宮原2-6-16コーポビアネーズ1F
TEL:06-6151-3033
営業時間:12:00~20:00 定休日:水曜日


SHREDではinstagram、Facebookのアカウントも御座います。
日々、入荷情報やSHREDの日常、オリジナルアイテム情報等をUPしていきます。
ご興味のある方は是非フォローしてみてください。
SHRED instagram
SHRED Facebook
SHRED Twitter